名古屋で活動するアマチュアオーケストラです。
以下の通り演奏会を予定しています。

演奏会情報

創立20周年記念 第20回定期演奏会
[日時] 2022年7月3日(日) 午後
[場所] 愛知県芸術劇場コンサートホール
[指揮] 中村 暢宏
[オルガン] 吉田 文
L.v.ベートーヴェン バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲
O.レスピーギ 交響詩「ローマの松」
C.サン=サーンス 交響曲第3番 「オルガン付き」

お知らせ

【団員募集】
私たちとともに演奏仲間として「音楽をつくる喜びと感動」を共有しませんか。
現在、新規団員募集中!![チェロ]
詳しくは団員募集のページを御覧下さい。

楽団紹介

プランタン管弦楽団は2000年5月に産声をあげました。

椙山女学園大学のオーケストラOG有志と現在も常任指揮者を務めておられる中村暢宏先生を合わせてわずか十数名から歩みはじめ、幾多の試練や壁にぶつかりながらも”音楽をつくる喜びと感動”を糧に歩み続けてきました。
そして現在は出身、年齢、性別等を問わず幅広く音楽好き、楽器好きたちが集まり70名ほどの団員を擁するオーケストラに成長しました。
演奏会は年1回の定期演奏会をメインに、そのほかコンセプトを掲げてプログラムを組む演奏会やアンサンブル発表会なども開催しています。
特に定期演奏会は設立当初からの目標であった愛知県芸術劇場のホールでの開催を達成したこともさながら、予想を超える多くの聴衆の方々に来場いただいており、プランタン管弦楽団はそうした聴衆の方々、演奏会や日々の活動を支える裏方の方々の支えも得て、今なお歩みを続けるに至っています。

さて、プランタン(printemps)とはフランス語で”春”を意味することばです。
春といえば自然と”桜”が連想されます。
1年にたった一回、一瞬のためだけに毎年忘れることなくその花を咲かせ、人々の心に感動を覚えさせ、新たな気持ちを抱かせてくれる”桜”。 私たちもそんな”桜”のように、たったの一瞬でも感動を呼ぶ音楽をめざしてこれからも歩んでいきます。
そんな私たちプランタン管弦楽団をどうぞよろしくお願い致します。

第18回定期演奏会(2019年6月9日)
MENU